*

アトピー肌の人のお肌乾燥を防ぐ保湿成分について

【アトピー肌の人のお肌乾燥を防ぐ保湿成分について】

今回は、お肌の乾燥を防ぐ為に有効な保湿成分に注目して説明しましょう。

乾燥肌やアトピー肌の人の洗顔石けん選びに役立つ記事になります。

 

■スキンケアの要は洗顔で肌を保湿すること

洗顔の主な目的は汚れを落とすことになります。

この場合に忘れてはならないことが、お肌にとって必要な油分や水分までも落としすぎないことです。とりわけ乾燥肌・敏感肌・アトピー肌には大切なポイントになります。

 

お肌の潤いが失われてしまうとバリア機能が低下します。

肌荒れやアトピー症状を悪化させる原因になってしまいます。

保湿はスキンケアの要と言われます。

洗顔する場合にも注意ししてください。

 

洗浄力が強い石けんを使用したら、洗顔した後にお肌が突っ張る感じがします。

化粧水を付けても治らないこともあります。

洗顔している間にお肌にピリピリとする刺激を感じることもあります。

体調によってお肌がデリケートになっている場合は、特に注意してください。

お肌刺激が少ない完全無添加の固形石けんを使用することをお勧めします。

アトピー石鹸

 

 

■保湿効果の高い石けん成分についてまとめておきましょう

1番目は、保湿に役立つ天然エキス成分です。

プラセンタエキス・ローヤルゼリーエキス・泥炭・水素・海塩・米ぬか・ヨーグルト液・トレハロース・アロエベラ液汁末・ダイズ発酵エキス・シア脂・ユズエキス・ニンジンエキス・加水分解シルク・タンニン酸・ラクトフェリンなどです。

 

2番目は、水分をはさみ込む保湿成分です。

水素添加大豆レシチンステアリン酸コレステロール・セラミド・水素添加大豆レシチンステアリン酸コレステロール・スフィンゴ脂質などです。

これらは水分の保持力が強い保湿成分です。

水をサンドイッチ状に挟み込んで維持する性質を持っている成分です。

 

3番目は、水分を抱え込む保湿成分です。

具体的には、ヘパリン類似物質・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンになります。

これらは真皮層にもともと存在している成分です。

お肌につける場合は真皮層まで浸透しません。

角質内部の保湿として機能します。

湿度が下がっても水分を抱え込んで潤いをキープしてくれるのです。

 

4番目は、水分をつかむ保湿成分です。

具体的には、1.3BG(ブチレングリコール)・PG(プロピレングリコール)・グリセリン・NMF(天然保湿因子)などで、これらは水分を吸湿する特徴があります。

湿度が低くなってくる冬場は保湿力が低下します。

 

■デリケート肌の人はこのように保湿力が高い成分を配合している無添加の固形石けんがお薦めです!

 

お肌に対してダイレクトに水分を与える保湿成分だけでなく、それ以外に保湿機能をサポートする成分にも注目しましょう。

 

例えば泥炭です。

これはミネラルや保湿成分を含んでおり、お肌のバランスを整えて乾燥を改善してくれます。

 

水素成分は、水分を抱え込むヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進してくれ、潤いをキープできるお肌にしてくれます。

季節の替わり目や乾燥しがちな冬場は、こういった成分を含んだ石けんを使って洗顔をするとアトピー症状やお肌トラブルがグンと緩和されるでしょう。

 

 


公開日:
最終更新日:2015/10/19

free_girl_photo_white_6661914149
お肌を清潔にする成分を理解して洗顔をする

【お肌を清潔にする成分を理解して洗顔をする】 アトピーやニキビなどの顔トラブルに悩む人は、まずは洗顔

sasasa
アトピー肌の人でも安心して使える石けん

【アトピー肌の人でも安心して使える石けん】 「低刺激であること」 これがアトピー肌の人であっても安心

sgi01a201410301400
【アトピー対策に大切なことは充分に保湿や殺菌ができているかどうかです】

【アトピー対策に大切なことは充分に保湿や殺菌ができているかどうかです】 お肌を保湿することやキチンと

sgi01a201310261000
自然成分の石けんはお肌にも優しいしアトピー肌にも向いています

【自然成分の石けんはお肌にも優しいしアトピー肌にも向いています】 最近は自然成分で出来ていてアトピー